富山県氷見市にある住宅建材の製作・販売・施工会社 株式会社三協住建のブログページ

庇(ひさし)もエコ活動に協力しています。

最近、なぜか庇の付いた家があまり見られなくなって来ています。

なぜ、庇が窓に付けられなくなったのか?

おそらく、洋風住宅の建築の増加でデザイン的にマッチしなくなったり、建築コストの問題で

必要としなくなったのでしょう。

 

でも、本当に庇は、必要でないのでしょうか?

昔から日本家屋は、生活しやすいよう、かつ、外観的にも優美な住宅を求めて職人が競い合い、英知を集めて家を作って来ました。

 

庇もその日本家屋の家づくりになくてはならない存在でした。

庇の役割は、日本古来から、雨よけ、日よけとして、家人と家を守って来ました。

 

今は、エアコンさえあれば、室内においては、快適に暮らしていけると言うのも庇が付けられなくなった原因でしょうね。

 

しかし、「家を守る、環境を守る」となると庇は、必要だと思います。

庇がない家は、雨の影響でサッシが消耗し、汚れが目立ち、強い日射の影響で、床、たたみ、壁が、変色して見た目をそこない、機能も衰えてきます。

そして、なによりもエアコンの影響で住む人の健康さえもそこない、もっと言えば、エネルギの消費により地球の環境さえ、破壊してしまいます。

 

庇を付けることで少しでも、室内の温度を下げて、家、住む人、地球を守りましょう。

庇も小さなエコ活動に協力しています。

 

庇メーカーの三協住建も今の住宅のニーズに合った庇を製作して、エコ活動に協力して行きたいと思いますので、今から、家を建てられ方もぜひ、庇のある家づくりにご協力下さい。

庇のない家の方も後付け庇で今からでも簡単に取付けることが出来ます。

 

三協住建の庇については、 → http://www.sankyojuken.co.jp/hisashi/index.html

をご覧下さい。

 

庇全国発送の株式会社 三協住建

ページのトップへ